【掲載情報】教頭先生インタビュー

 大きなイベントが終わった後も、学校は忙しく動いています。

 先週は、ロサンゼルスオリンピック・女子バレー銅メダリストの大谷佐知子コーチにお越しいただき、熱血指導を受けることができました。本当に子ども達にとっては一生に1度あるかないかの機会であり、私も教職員にとっても「学級・学校というチーム作り」を考える貴重な機会になりました。

 学校にデジカメを忘れてきたので、詳細は改めて次回に書く予定です。


 ゆっくり更新できませんので、掲載情報を取り急ぎお知らせします。

 
 ◆日経電子版「走る!ウチの元気な教頭~ママ世代公募校長奮闘記(14)」
  http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK12015_S3A111C1000000/

 
 公募校長が珍しい存在なら、「公募校長を支える教頭先生」も珍しい存在なんですよね。それなのに、あまり表舞台に出ることがない。糸井教頭は、その点とても協力的なので助かります。しばし、校長ではなくライターとして教頭先生と向かい合い、学校への想いや名台詞を引き出すことができました。


 印象的だったのは「校長に誰が来ようと、ベストを尽くすのが教頭の職務」という、ごく当たり前のプロ意識を持っていることの凄みです。


 どこに行こうと、誰が来ようと、メンバーが替わろうとも。
 与えられた環境でベストを尽くすのみならず、楽しんでしまう貪欲さ。

 自分もそうありたいと思い、一緒に働く中で大いに学んでいます。

 その明るさと元気さは「大阪一声の大きな教頭先生(勝手に認定)」として、敷津地域や仕事仲間に知られていることと思います。

 この間の土曜日には、どこぞのトレイルランで36キロを7時間50分で完走したとメールが……タフ過ぎる……。


 教頭先生の掲げる「自分の子どもを通わせたい学校」づくり、私自身も同じ気持ちで取り組んでいます。

 一方で、万事大らかな教頭先生なので「白ジャージ事件」や「誰もいないPTAソフトボール大会に校長を送り込み、自分はのんきに走りに行っていた事件」など、数々のネタを作ってくれています。
 
 
 「楽しく働く大人の姿」は、子ども達が「大人っていいな」「働くっていいな」と、未来を前向きに考えるための必須要素だと私は考えています。


 しんどいことがないと言えば、嘘になります。
 
 それでも、教職員は子ども達に見られている、親の次に身近な大人です。
 まずは大人の笑顔と元気から。 
 
 
 朝の挨拶から、毎日心がけています。
 残念ながら、声の大きさではまだ糸井教頭に勝てません……。



 追伸:明日(19日)は教育委員と公募校長の意見交換会が、メディアへも公開の上で行われます。その後、どんな取り上げられ方をするかはわかりませんが、できるだけ前向きな報道であることを願います。

 公募校長の前にも、日々懸命に務める教職員チームと、大人の事情と無関係に伸びゆく子ども達がいます。マスコミの印象だけで決めつけず、このブログや連載での蓄積も参考にしていただけると助かります。



 《先週の1コマ》

 地域・PTAの方と学校や公園を掃除した「ふれあい清掃」の後片付けの場面。
 この青空に鮮やかな芝生!

 冬芝

 この芝生は前校長先生の置き土産。冬芝を植えて、管理作業員さんが芝刈りをして整えてくださいました。維持費等で敷津小OB会や地域の方などにも、お世話になっています。

 こういうシーンを見ると、子どもと毎年のように季節を感じていられる仕事ってステキだなぁと思います。小学校で仕事ができて、私は幸せです。


 
===============================

 ★敷津小学校ホームページ★

 http://swa.city-osaka.ed.jp/swas/index.php?id=e611307
 ふれあい清掃&金管バンドのがんばりを掲載中! 

 
関連記事
テーマ : 小学校
ジャンル : 学校・教育

Tag:掲載・放映情報 

プロフィール

山口 照美

Author:山口 照美
前・大阪市立敷津小学校校長。現在は別の形で公教育に関わっています。

大阪市の公募で採用された民間人校長の1人。塾の校長経験を経て起業し、広報代行会社の経営やセミナー講師を11年間務めた後、2013年4月より3年間、校長職を務めました。

介護福祉士の夫と小3の娘、3歳の息子(2016年現在)に支えられ、「経済格差を教育格差にしない」を目標に、企画力と行動力で教育に関わり続けます。

著書『企画のネタ帳』(阪急コミュニケーションズ)『売れる!コピー力養成講座』(筑摩書房)『現代語で読む「たけくらべ」』(理論社)など。

日経DUAL連載中
http://dual.nikkei.co.jp/list.aspx?rid=1436

検索フォーム
QRコード
QR