141年目のチーム敷津。


 入学式、始業式、なかよし班(縦割り班)編成や委員会活動のスタートなど、新年度の行事が続いていました。

s-IMG_3331.jpg

 入学式は雨。
 芝生を縁どるように、桜の花びらが散っていたのが印象的でした。


 各校の校長は、慌ただしい行事の裏で、今年度の学校運営の指針となる「運営に関する計画」を作っています。

 今年度は、H25年度に立てた「中期(3年)計画」の仕上げの年に当たります。改めて、2年前に作った自分の中期計画を見ると、学校現場に来て2週間足らずでこれを作った無謀さを思い知ります。

 教職員みんなでチェックをし、作り直す部会があるので大きな問題は無いのですが、今年度は中期計画そのものを見直し、今年度のチーム敷津が目指す方向に絞ってまとめました。

 また、全体会を通った後に、保護者の方向けにわかりやすくまとめた文書を出す予定です。




 さて、新1年生や転入生がやってきて、学校はにぎやかになりました!

 卒業生も新しい制服を見せに、時々寄ってくれます。あれほど「もう金管はやらない!」と言っていた卒業生が、「吹奏楽部に入るねん」と言ってくれた時は嬉しくなりました。

 昨年度、大きく変えたのは金管バンドクラブの運営方法です。

 以前は、4人の担当の先生が土曜日に出勤して指導していました。振替で休みが取れるとは言え、担任をしていたら振替なんてめったに取れません。休みを毎週削って、指導してくれていました。また、4人だけで担当しているために「学校の金管バンド」という一体感に欠けていました。

 昨年度から、全員体制で運営する方針に切り替え、土曜出勤を無くして平日の指導に変えました。大きな会場での発表会への出場は辞め、その代り、楽しんで演奏できるクラブを目指しています。

 かつてはその発表会に出るために、曲目を絞って練習を重ね、完成度を上げなければならなかったのですが、昨年度は子ども達のリクエストも聞き、6曲も演奏できました。


 今年の金管バンドクラブの説明会を開いたところ、たくさんの希望者が来てくれました。
 先輩や先生による楽器紹介で、一番人気だったのがコレ↓

 IMG_3517.jpg

 かつてバンドのドラマーだった阪口先生の演奏に、「カッコいい!」と子ども達が興奮。今までトランペットをがんばっていた高井先生までが「ドラム習おうかな……」と転向しそうな勢いでした(笑)。

 敷津金管バンドクラブでは、教職員も一緒に演奏を楽しんでいます。

 教務主任の根井先生は一通りの金管楽器が吹ける経験者。今年はトロンボーンに挑戦するそうです。私は引き続き、トランペットで校歌が吹けるように、練習に参加します。初心者の子たちの、個人練習のサポートができればと考えています。

 また、音楽主任の藤井先生が「サックスなら吹けます!」と言うので、近隣の小学校から楽器を借りることになりました。

 昨年、保護者の方でトランペットを吹ける方が、練習に参加してくださったこともあり、今年はもっと保護者や地域の方と金管バンドクラブを盛り上げていければいいなと考えています。





 始業式を終えて帰ると、娘が新しい教科書を広げて「道徳の本が無い!」と半べそ。

 s-IMG_3391.jpg
 1・2年一緒の本だと気づくまで、ひと騒動ありました。
  
 先日は食卓の上に「ぎょう虫検査」のフィルムがあり、「食事するところに載せないで!」とまたひと騒ぎ。学校から帰っても、学校のことで親として悩まされる日々です。新学期はプリントも提出物も多いですよね……。もう一方で、もうすぐ3歳になる息子のオムツ外しや、偏食にも頭が痛いこの頃です。

 保護者の方の「学校ってなんてめんどくさいの!」という叫びを我が事として、少しでも改善につなげられればと思います。今年度もどうぞ、よろしくお願いします。


 【先週の1コマ】

 学校サイトを指定された人の携帯電話から更新できることになり、劇的に更新が楽になりました!
ある日、「学校サイトのネタ無いですか~」と尋ねたら、教務主任の根井先生から「明日、畑を耕しますよ」とのこと。そう言えば、毎年この時期に掲載していました。

 去年の写真をチェックして、「同じ服でやろう」ということになり、間違い探しができました(笑)

 s-IMG_3541.jpg

 左が2014年4月25日で、右が先週の写真です。
 倉庫の裏の緑がなぜ消えているのか、比べてみると謎が出てきます……。


=============================
 ★敷津小学校・公式ホームページ★
 http://swa.city-osaka.ed.jp/swas/index.php?id=e611307
 毎日わくわく、春が来た!家庭で学校の話をするきっかけに、ぜひ見てください。

Tag:校長日誌 

プロフィール

山口 照美

Author:山口 照美
前・大阪市立敷津小学校校長。現在は別の形で公教育に関わっています。

大阪市の公募で採用された民間人校長の1人。塾の校長経験を経て起業し、広報代行会社の経営やセミナー講師を11年間務めた後、2013年4月より3年間、校長職を務めました。

介護福祉士の夫と小3の娘、3歳の息子(2016年現在)に支えられ、「経済格差を教育格差にしない」を目標に、企画力と行動力で教育に関わり続けます。

著書『企画のネタ帳』(阪急コミュニケーションズ)『売れる!コピー力養成講座』(筑摩書房)『現代語で読む「たけくらべ」』(理論社)など。

日経DUAL連載中
http://dual.nikkei.co.jp/list.aspx?rid=1436

検索フォーム
QRコード
QR