FC2ブログ

2月になりました!

1月29日(木)、関西テレビ「スーパーニュースアンカー」で「10年後の生きる力を育てるキャリア教育」として、敷津小学校の様子が放映されました。

 保護者の方の了解も得た上で取材に来ていただき、子ども達の生き生きと学ぶ姿を伝えることができました。

また、敷津小だけでなく、あちこちの小中学校がそれぞれの形でキャリア教育に取り組んでいるので、ぜひ地元の学校の活動にも目を向けてほしいと思います。

 学校では見ていない児童もいますので、4週目の児童朝会で流す予定です。先輩の姿を見て、将来の自分を思い描くきっかけになればと思っています。番組ホームページにも特集内容が掲載されていますので、ご覧ください。

 http://www.ktv.jp/anchor/today/2015_01_29.html




1月26日(月)には、6年キャリア教育・4回目の授業がありました。



私は校長会で行けなかったのですが、4年の保護者の方の工房に行かせていただき、看板づくりの技術や今と昔の違いを学ぶことができました。その場で撮ったクラス写真を、カレンダーにするワークもあって子ども達にまた思い出の品が増えました。

詳しくは、学校ブログにて!
http://swa.city-osaka.ed.jp/swas/index.php?id=e611307


 
キャリア教育の最後は、35歳まで海外を放浪した経験を持つ糸井教頭による「世界で働く」授業です。

外国にルーツのある友達と自然に過ごせる敷津の子だからこそ、世界を自分の舞台と考えてほしい。身近な教頭先生が語ることで、より伝わるのではないかと思っています。





卒業までのカウントダウンと同時に、学校では新1年生を迎える準備が始まっています。

先日は入学説明会と「わくわくスタート」がありました。5年生が最高学年を迎えるための大事なステップであり、新1年生との出会いの場でもあります。「学校って楽しいよ!」と伝えるために、一生懸命に準備をして遊んでくれました。新1年生を引率してくれた、現1年生の成長も感じます。

 図書室では、新1年生は小学校の、6年生は中学校の制服の採寸をしていました。

あの子のセーラー服姿、この子の学ラン姿、どれも目にまぶしく、そして寂しさを感じます。その横には、新品の黄帽と小さな標準服。

 小学校6年間の長さ、果たすべき役割の重さを感じて、胸がいっぱいになりました。卒業式が心配なこの頃です……。

 
6年卒業までの100日プロジェクト」も、半分を切りました。月曜からは、放課後の学習支援も本格的にスタートします。計算・漢字の基礎力を少しでも鍛えて、中学へつなぎます。

 先日は、木津中学校の生活指導の先生に、出前授業をしていただきました。守るべき規律や中学校生活の心構えについて、6年生に伝えてくださいました。ピリッとした空気で、真剣に聞いていたようです。ありがとうございました!

 
子ども達は、毎日成長している。

 
「6年・100日間プロジェクト」で一日一日を大切にする意識が生まれたことで、中学へ向けてぐいぐい成長している6年生です。


 
 《今週の1コマ》

 現在、浪速区校長会の旅行で、滋賀に来ています。先週も書けなかったので、今日は何とかせねばとiPhoneからの更新です。

 「生八つ橋づくり体験」で、私は「ギョウザ八つ橋」を作りました。

 

旅の途中で「これはブログに書いといて」「今のは削除してや!」と注文が多いので、さらっと触れるだけにしておきます(笑)。


=====================
★敷津小・公式ホームページ★

 http://swa.city-osaka.ed.jp/swas/index.php?id=e611307
卒業遠足やわくわくスタートの記事も掲載中!

Tag:最新情報 

プロフィール

山口 照美

Author:山口 照美
前・大阪市立敷津小学校校長。現在は別の形で公教育に関わっています。

大阪市の公募で採用された民間人校長の1人。塾の校長経験を経て起業し、広報代行会社の経営やセミナー講師を11年間務めた後、2013年4月より3年間、校長職を務めました。

介護福祉士の夫と小3の娘、3歳の息子(2016年現在)に支えられ、「経済格差を教育格差にしない」を目標に、企画力と行動力で教育に関わり続けます。

著書『企画のネタ帳』(阪急コミュニケーションズ)『売れる!コピー力養成講座』(筑摩書房)『現代語で読む「たけくらべ」』(理論社)など。

日経DUAL連載中
http://dual.nikkei.co.jp/list.aspx?rid=1436

検索フォーム
QRコード
QR